年金生活の方でもキャッシングは利用できる

テレビでのコマーシャルでは、「借りやすい」「明るい」「親切」などのイメージをさかんにうたっているカードローンですが、シニアがカードローンを利用したいと希望する際には借り入れが制限されることがあります。

 

手軽な申し込み

これからのシニアライフに必要と考えられる資金には.老後の日常生活資金、医療費、介護資金があり、調達の手段としては公的年金の老齢給付ベースで、会社員の退職者は企業年金を上乗せして準備し、自営業の場合には国民年金基金や小規模企業共済などでの対応です。

 

不足分は預貯金およびシルバー就労で収入をえることが多いでしょう。しかし、シニアライフの泣き所は高額になりがちな医療費で、日常生活を逼迫するケースも想定されます。高齢者が負傷すると完治までに時間がかかることもあり、入院の延長で医療費がかさむ危険性も考えておきたいところです。

 

そういった不慮の入用なお金を確保するにはカードローンに目が行きますが、シニアはやはり死亡のリスクが高まるため、申込者の資格として年齢を69歳以下限定などとしていたりします。銀行系のカードはもっと早く65歳以下です。しかし、年金受給のみの方でも、借り入れが可能なところもあるので、金利も鑑み、各社を検討してみましょう。

年金は安定収入と言える

高齢の方においては、アルバイトやパート収入よりも年金の方が安定した収入であると言えるでしょう。貸し付けを行う業者としても安定してお金が入る年金の方が収入を把握しやすく、貸しやすいとも言えるのです。
年齢の制限だけに注意をしておき、気になる方は申し込み前にコールセンターに問い合わせてみると良いでしょう。