利用時には返済方法も理解しておく

無担保で現金の融資を受けられる便利なサービスがキャッシングです。キャッシングの利用者は年々増えており、その利用者の幅も広がりをみせています。

 

では、キャッシングではどういった返済方法が行われているのでしょうか。
キャッシングは比較的少額の融資を目的としたものであり、無担保での融資であるため、翌月の一括払いというのが基本です。利用を申し込んだ時に登録した口座から翌月の指定日に融資を受けた金額が全額引き落とされ、その金額は利子が付加されたものです。

 

しかし、最近ではこのキャッシングでの融資を分割で払うことができるカードローンの利用が増えています。カードローンでの返済方法は、リボルビング払いが一般的です。
一口にリボルビング払いと言っても様々な種類がありますが、大まかに、毎月の支払額が一定である「定額リボルビング」、毎月の最低支払金額が利用額などの一定率により決まる「定率リボルビング」、 クレジットカード利用残高に応じて支払い額が変わっていく「残高スライドリボルビング」の3つに分けられます。

 

リボルビング払いは支払いが長く続くことや、毎月の返済額が比較的少額であるため、完済していなくてもつい借金を重ねがちであるため、利用には注意が必要です。

返済が滞る場合には

期日までにしっかりと返済をすることが基本となりますが、どうしても間に合わない場合にはまずは業者への連絡を入れるようにしましょう。
少し遅れたからといって昔のテレビのような激しい取立てをされることはなく、利用者側から連絡をしている以上は業者から不用意に連絡が入る事もないので、少しの遅れなら問題なく処理してくれるのです。